安心して利用できる

妊娠時に必要

妊娠したら、葉酸の摂取が必要です。なぜなら、特に妊娠初期では大事の細胞分裂が盛んになり胎児の脳や神経を作るための大きな役割を担っています。葉酸が不足すると無脳症や神経管閉鎖障害がおきます。無脳症は流産を引き起こす可能性があります。神経管閉鎖障害は赤ちゃんの下肢の運動障害や膀胱や直腸の機能障害を起こしますので、葉酸の摂取が必要です。葉酸は食事から摂取できます。しかし、妊娠初期はつわりで食べられない場合もありバランスの取れた食事をする事が困難な場合は葉酸サプリで摂取も可能です。葉酸サプリはドラッグストアでも市販で販売しているので、すぐに手に入れる事ができます。葉酸サプリは妊娠中でも摂取できるので、安心して飲んでも大丈夫です。また葉酸サプリの中にはビタミンやカルシウムなども配合しているものもあるので、自分に合った商品を選んでみるといいと思います。

利用する際の注意点

葉酸サプリは多く販売しているので、その中で選ぶポイントがあります。妊婦にとって1日に必要な葉酸の量は0.4ミリグラムです。特に流産になりやすい妊娠初期に摂取する必要があります。そして天然の葉酸サプリを選びましょう。これはサプリの中には合成のものと天然のものがあるので、天然のものの方が安全性が高く効果も高いです。そして添加物が入っていないものがいいと思います。添加物がなるべく葉酸サプリに限らず摂取を控えることです。少しならいいですが、妊娠中は添加物を控える事で元気な赤ちゃんを産む事ができます。また鉄分やカルシウムやビタミンやビタミンと一緒に配合されているものがあれば、まとめて同時に摂取する事でいくつものサプリを飲むストレスを回避できます。